3/23/2020

エチュードさんの「あれ」は懐かしいNYの味







日本ほど食の豊かな国はないと、アメリカにいても帰国しても変わらず思う。
が、時折己の人生に馴染んだ味が恋しくなるのも仕方ないもので、
時折無性に食べたくなるアメリカのお料理やケーキがある。

旭川に越してきた頃、偶然立ち寄ったエチュードさんで、それを見つけた。







ドイツ生まれのシュトロイゼルクーヘンというケーキ。
アメリカ(というより英語)では、crumb cake(クラムケーキ)と呼ぶ。
クラムはパンやケーキの端やくずを言い、
小麦粉・シュガー・大量のバターを混ぜてくずにしたものを
スポンジ生地にスプリンクルして焼いたケーキで、アメリカではコーヒーケーキとも呼ばれる。

NY時代行きつけだったカフェのクラムケーキ、とはルックスが違ったが
エチュードさんのケーキの断面に「本格派」を確信して買って帰ったのだった。
NYの店のクラムはピスタチオが練り込んであって香ばしく、
生地にりんごやドライフルーツ、ナッツが詰まったとても豊かなお菓子であった。

エチュードさんのクラムケーキはスプリンクルではなくトップはパイ生地。
ずっしりと重くてレーズンもたっぷり、しっとりと濃厚な味わいはNY時代の味そのものだ。






嬉しくて美味しくて、当時週に1度はエチュードさんに通っていた。
ここに来た頃は早いうちにNYへ戻ると思っていたところが
何だかずっといるような気配で心も落ち着き、
掻き込むように食べなくてもいつでも手に入ると思うと、次第に足が遠のいた。

そして先日、今年最初の「無性に食べたい」の大波がやってきて、エチュードさんへ。
やはりとても美味しくて懐かしくて嬉しくて、出会えた幸運に感謝してしまう。

コーヒーにもお紅茶にもおほうじ茶にさえとてもよく合うエチュードさんのクラムケーキ。
お値段は少し上がっていたが、コストパフォーマンスは今も変わらない。
移住7年を過ぎても、北海道で、いや日本で最も好きなケーキのひとつである。


Thank you for your visit!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ










3/12/2020

久し振りのまったりランチ~「酒と肴 はち」さん







こんな時ではあるが、こんな時だからこそ、
通常営業されているお食事処を応援したい気持ちになる。
今日は銀座商店街近くの「酒と肴 はち」さんで美味しいお魚をいただいた。

お店の扉を開いて中に入ると、お美しいマダムお二人が迎えてくださった。
留学時代に知り合った北海道出身の友人は皆とても美しかったが、
女性が美しいのは、北海道の特色だろうか。そんな気がしている。








雨と雪の3月らしい荒天により、外観の写真は断念。
店内は程よい照明が居心地を良くしてくれていて、カウンターの奥行もまた心地良く
清潔で、澄んだ空気が漂うような清々しい印象のお店だ。
夫はとんかつを、私はかれいの煮つけを。


注文して程なく運んでくださった小鉢がさっぱりとしていてとても美味しい。
おからをいただけるのも嬉しかった。何しろ和食下手なものだから。








カウンター越しに手渡していただくかれいの煮つけの見事なビジュアル。
40年近い米国との付き合いがつくった和食との距離を
この一瞬がしっかり埋めてくれたような気持ちにさえなった。

上品なお味付けのかれいはとても大きいが、少しも飽きずにいただける。
本当のことを言うと、お持ち帰りしたいくらいであった。

夫のとんかつも(撮り忘れたけれど)サクサクでお肉が甘くてとても美味しかった。
帰りの車中で「美味しかったね」のひと言が幾度となく飛び交った。

道内の厳しい状況下、そしていつになく気を遣う自己管理。
勿論道民としてこれらを潔く受け入れてはいるが、
そんな時の狭間で、久し振りに窮屈な日々を忘れることができたのが有難かった。


また行きたい。そう思えるお店に出会えるのはとても嬉しいもの。
マダムお二人がお献立についてお話しされていたのをちらりと耳にした。
「揚げ出しがいいね」
思わず「いいです、とてもいいです」と言いたくなったが
美味しいかれいを頬張っていたために言えず仕舞い。
いつのお献立に登場するのだろう、その日に当たるとよいのだけど。



Thank you for your visit!
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ